TEL

はりきゅう治療

はりきゅう治療も福岡市中央区六本松にあるウルトラ整骨院が行ないます

はりきゅう治療の治療方針

東洋医学の考え方に「未病」という言葉があります。「未病」とは「未だ病まざる病」という意味で、病院などの検査では異常がないと診断されても、身体に何らかの不調をきたしている状態です。東洋医学では健康的な生活を営む上で、この「未病」の段階で治療を行うことを目的としています。病気になってから治すのではなく、病気にならないように前もって治療することが需要なのです。もちろん、病気になっても、治療によって回復を早め、病気になりにくい体質に改善していくことができるのも「はりきゅう治療」の特徴です。東洋医学では、病気や不調などの様々な症状は体のバランスが崩れることによって起こると考えられています。病気の部分だけ診るのではなく、総合的に診ていきます。当院のはりきゅう治療では、この東洋医学の考えと筋肉、骨格などの構造的な問題を診ることで、その人の体質・症状を診断の手がかりとし、その人が本来持っている自然治癒力を高めることによって症状の改善につながるように治療させていただきます。

ウルトラ整骨院で使用しているはり・きゅうについて

使用しているはりは髪の毛の太さ0.14〜0.16mmのはりを使用しているので痛みもほとんど感じません。全てディスポーザブル(使い捨て)を使用していますので衛生的な面でも安心してご利用いただけます。お灸は台座灸という非接触タイプのお灸をしますので火傷の心配もございません。「はりは痛い」「お灸は熱くて痕が残る」とお思いの方でも安心して治療を受けていただけます。

トリガーポイントはりきゅう治療

人が感じている痛みの約7割が痛みを起こしている場所とは別の場所にある筋膜の痛みといわれています。この痛みを起こしている硬く縮まった筋膜にはりやきゅうを施すことで、マッサージ等ではなかなか取れない深い場所の症状まで取ることができます。

美容鍼

当院で行う美容鍼はお顔全体に鍼を打つのではなく患者様の一番気になる部分を集中的に補修する、集中補修美容鍼となります。顔のパーツの中でもほうれい線、目尻のしわ、眉間のしわ、おでこのしわなどは加齢とともに深く取れなくなります。しわの原因としてお肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)の期間が遅くなるのと、肌の内側にあるエラスチンやコラーゲン繊維が加齢や紫外線の影響で弱ってしまい保水成分であるヒアルロン酸が保持しづらい状態になります。ここに鍼を使って刺激することで血流を良くするだけではなく、古くなった細胞を壊し、新しく若々しい細胞を作るベースを生み出すことができます。これによって細胞の生まれ変わりを早め、深く取れなくなってしまったしわを薄くすることができます。

福岡市の鍼灸院ではここだけ!

当院では、はりきゅう治療とホルミシス療法を組み合わせて治療を行います。生涯健康を目指す人に今注目されているホルミシス療法です。ホルミシス療法とは、身体に良い低線量の放射線を取り入れて、様々な健康効果を引き出す治療方法です。ひょっとすると「放射線を取り入れるなんて大丈夫なの?」…と、思われる方がおられるかもしれません。ですが、この低放射線ホルミシスは、大学や研究機関でその効果が実証されていて、健康不安を持つ方々からたいへん注目を集めている療法なのです。このホルミシス療法、私たちの身近なところでは、放射能泉といわれるラジウム温泉(ラドン温泉)が挙げられます。温泉から放出される放射線を浴びることで、ホルミシス効果を得ます。ラジウム温泉で有名なのは、秋田の玉川温泉と鳥取の三朝(みささ)温泉。奇跡の湯として知られ、この地域の住人の癌(がん)による死亡率は、全国平均の半分以下というデータがあるほどです。

ホルミシスが健康・美容効果を引き出すのはなぜ?

体内酵素が増える…老化や病気の原因といわれる活性酸素を除去する抗酸化酵素が増加。ホルモンが活性化する…鎮痛作用のあるメチオエンケファリン、やる気を出すアドレナリン、血糖値をつかさどるインスリンなど、約160種類のホルモンが活性化して身体全体の調子を整える。基礎体温が上がる…免疫力や基礎代謝、体内酵素の働きが良くなる。細胞が元気になる…細胞膜の透過性が向上して、細胞が若返り体内ホルモンが活性化する。など身体に良い反応が様々あるといわれています。

当院へのアクセス情報

所在地〒810-0044福岡県福岡市中央区六本松3丁目11-39 名古屋ビル1F

地下鉄 六本松駅より 徒歩8分
西鉄バス 護国神社前より 徒歩2分
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(新規患者様限定)
電話番号092-732-3540
休診日GW お盆休み 年末年始